ストレスを和らげるアロマで 睡眠 安眠

不眠解消!ぐっすり睡眠、安眠できるアロマ「ハーブ抽出オイル」、リラックス効果、鎮 静効果のあるアロマオイルと使い方をご紹介します。

アロマオイルは心地よい睡眠、快眠へと導く効果がある種類があり不眠症の改善にも有効です。 日々のストレスや暑くて寝苦し い時に、ハーブの植物本来のやさしい香りは穏やかに睡眠できます。

安眠、快眠のアロマオイル・エッセンシャルオイル・精油


バニラは催眠鎮静効果があり気持ちが落ち着きます。 クラリセージは強い鎮静効果がありストレスと緊張を和らげます。  マジョラムは鎮静効果があり眠気を誘い孤独感を癒します。 ラベンダーはイライラ気分を静めてリラックスします。  サイプレスは森の中にいる気分になりリラックスします。 フランキンセンスは眠れない時、心を慰め癒してくれます。 カモマイルは精神的不安と緊張を解き ほぐします。 サンダルウッドは気分が落ち着きリラックスします。 ラベンダーとオレンジの夜用ブレンドは睡眠のために医学的に配合された話題のアロマオ イルです。

マッサージオイル

ボディケアやマッサージにお使いいただける100%植物由来(ボタニカル)成分の「ボディオイル」♪
アルガンオイルやスイートアーモンドオイルを使用していますので、肌なじみが良く、お風呂上がりやリラックスタイムにエッセンシャルオイルの優しい香りに 癒されながらボディケアができます。

アロマ芳香浴で睡眠

寝室での使い方睡眠時に鎮静効果の高いアロマの香りを嗅ぎなが ら、安らかな睡眠へと誘います。 某番組で話題の 「ラベンダー2:オレンジ1」の割合は医学的にも実証されています。

ブレンドブレンド例:ラベンダー2滴+オレンジスイート1滴※TVで話題
ブレンドブレンド例:ラベンダー2滴+マジョラム1滴
ブレンドブレンド例:サンダルウッド2滴+クラリセージ1滴

【アロマオイルの使い方】
アロマポットやアロマライト(コンセントライトや卓上コード式)などの芳香器や小皿などに垂らしてください。  または、あらかじめ作っておいた手作りローションを枕元に軽く吹き付けます。
簡単な方法では枕に1枚タオルを掛け、タオルの端にアロマオイルを直接 1〜2滴だけ垂らします。
この時、原液は目や肌に直接触れないよう箇所には注意してください。

アロマディフューザー

手作りローションの作り方スプレーでの使い方

【用意するもの】

  • スプレー式容器(ご家庭の空き容器でも再利用出来ます。)
  • 無水エタノール5ml(ドラッグストア・薬局にあります)〜ウォッカでも結構です。
  • グリセリン5ml(ドラッグストア・薬局にあります)
  • 精製水 30ml (ドラッグストア・薬局にあります)〜ミネラルウォーターでもOK

容器に適量の精製水か無水エタノールを入れてアロマオイル5〜8滴を加え、よく振って完成です。

アロマ入浴で睡眠

ブレンドブレンド例:ラベンダー2滴+サンダルウッド1滴+カモマイル1滴お風呂でアロマ

使い方:湯船にアロマオイルを垂らして、よく掻き混ぜてから風呂フタをして1分ほど待つと香りがこもります。お風呂での使い方

line上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。エッセンシャルオイルは医薬品ではありませ ん。
万が一、心身の状態がすぐれないときは使用を止めて、すみやかに医師の診断を受けるようにしてください。