シダーウッド[cedarwood]の効能

  • アロマオイル効能一覧(項目)
    • 効能(メンタル)|効能(スキンケア)
    • 効能(ボディ)|そのほかの効能
    • 主要成分・学名・抽出法・抽出部位・ノート・
      原産地・種類・作用
    • ブレンド相性のよいアロマオイル|注意事項
シダーウッド

シダーウッドのプロフィールと香り

シダーウッドは針状の葉の樹木で古代エジプトではミイラの防腐処理に利用された歴史があり、香りはウッディなバルサミック調 のスイートな香りです。 シダーウッドの種類は多く、シダーウッド・アトラスのほか、ヒマラヤン、チャイニーズ、テキサス、バージニア、ホワイト・カナ ディアン、レッドシダーなどがあります。 バージニア種は高さ30m以上まで成長、テキサス種は7mまで成長する高山常緑樹でバージニア種に作用が似てい ます。

精神(メンタル)の効能

鎮静作用があり、イライラした気分を静めてくれます。 瞑想したい時にもおすすめです。

お肌(スキンケア)の効能

お肌の収れん作用・殺菌作用やヘアケアにも効果があり、伝統的に使われました。 香水としても利用されています。

体(ボディ)の効能

抗菌、鎮痛作用があり呼吸器系の緩和に効果があります。

そのほかの効能

殺虫作用があります。

主要な成分(データ)

バージニア種はCedrol(セドロール)の含有率が多く、鎮静作用が高い特徴があります。

  • 学名:Cedrus atlantica(アトラス)、Cupressus funebris(チャイニーズ)、Cedrus deodora(ヒマラヤン)、Juniperus ashei(テキサス)、Juniperus virginiana(バージニア)、
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:木部
  • ノート:ベースノート
  • 原産地:アメリカ、中国、ヒマラヤ、カナダ、モロッコ
  • 種類:マツ科
  • 作用項目:鎮静、強壮、消毒、お肌の収れん、殺虫、お肌柔軟

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ベルガモット、サイプレス、ジュニパー、ジャスミン、ローズウッド、フランキンセンス、ネロリ、クラリセージ、ベチバー

注意事項

敏感肌の方は刺激する可能性があります。 妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド