カモミール・ローマン[chamomile_roman]の効能

  • アロマオイル効能一覧(項目)
    • 効能(メンタル)|効能(スキンケア)
    • 効能(ボディ)
    • 主要成分・学名・抽出法・抽出部位・ノート・
      原産地・種類・作用
    • ブレンド相性のよいアロマオイル|注意事項
カモミール・ローマン

ローマンカモミールのプロフィールと香り

カモミールローマンは高さ50cmほどのキク科の多年草で可憐な白い花を咲かせます。 ヨーロッパでは古くから「民間療法」 に利用されてきました。 カモミールの種類の中ではローマンはポピュラーな種類でリンゴに似た香りとハーブ調のスッキリした香りを合わせたような香りで す。 精油の色合いはローマン種は黄色味を帯びています。

カモミールの種類には、カモミールジャーマンブルーフレンチ、カモミールジャーマンブルーハンガリーほかローマンと類似した 性質のカモミールワイルドモロッコ(高さ1m前後)はスイートでバルサミックなアンダートーンの香りがします。

精神(メンタル)の効能

鎮静作用が高く、気分を穏やかにします。 緊張を緩和し不眠ぎみの方にもおすすめです。

お肌(スキンケア)の効能

乾燥肌やニキビ、肌荒れなど、お肌のトラブル全般に効果があります。 敏感肌に良い事も知られています。 お肌のキメを整え て、なめらかなお肌へと改善します。

体(ボディ)の効能

鎮痛作用があり頭痛や筋肉痛、更年期障害などに効果があります。 伝統的に傷を癒す作用が知られています。

主要な成分(データ)

butyl angelate(ブチルインゲノール)やAmyl butyrate(アミルブチレート)を多く含有しています。

  • 学名:Anthemis nobilis(カモミール・ローマン)、Matricaria chamomilla(カモミール・ジャーマンブルー・ハンガリー)、Ormensis multicaulis(カモミール・ワイルド)
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:花頭
  • ノート:ミドルノート〜トップノート
  • 原産地:ハンガリー、イギリス
  • 種類:キク科
  • 作用項目:鎮静、抗うつ、鎮痛、消炎、発汗、お肌の柔軟化

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ラベンダー、ゼラニウム、ジャスミン、ネロリ、ベルガモット、クラリセージ、ローズ、パチュリー、ティートリー

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド